がもがもミシュガット

この世の全ての物を独断と偏見で適当に採点する!


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク [ - ] -
【5点】 東京ディズニーリゾートの料金値上げ
 東京ディズニーリゾートが6年ぶりに入園料を値上げするそうな。東京ディズニーシーが出来る前から値上げをしていない…と言えば聞こえはいいんだけど、その間にも駐車料金を値上げしているので、ちょこちょこと値上げしている感はあるんだよね。

 1dayパスが300円値上げ、年間1パークパスが5000円値上げ、年間共通パスが7000円値上げ。一方、3daysと4daysが値下げされるそうな。要は、常連とか近郊に住んでる1day入園者は、パークで金を落としやがらねぇから、せめて入園料ぐらい多めに払え…ということなのだろう。

 不況の中、投資を重ねてきているのは事実だけど、「その分パークの価値が高まりました」と言われても、「あー、そうですか」とはいいづらい。また、常連や1dayの多くがケチくさいパークライフを送っているも事実だけど、入園料を上げてしまえば、一層セコくなるのも、また必定だ。その辺は、限定品をちらつかせてマニア心をくすぐるような展開をするのだろうけど。また、いくら値段を上げても常連の多くは、何事もなく更新する…ってのもあるんだろうけどさ。

 最近のディズニーリゾートは、バンドをリストラしたり、取り憑かれたように来場者プレゼントをしたり…と、金儲けのための経営が露骨だ。いや、金儲けをするのは当然なんだけど、そういうのを感じさせないところに、多くの人は魅力を感じていたんじゃないのかなぁ…。「こんなところまで豪華なの?」とか「こんなところまで凝っているよね」とか。ライブショーのレベルは、個人的には右肩下がりの印象だし、方向性も今ひとつハッキリしない。そんなパークが値上げなどとは、個人的にはチャンチャラおかしい。感想としては、為す術なく結局、値上げかよ…くらいなもんだ。

 私にとっての東京ディズニーリゾートは、年々魅力を失っているような気がする。だから、やめちゃったんだけど、年間パスポート。正直、東京ディズニーランドの方には、全く行く気が湧かない。見たいものも、乗りたい物もないのだ。子ども向けにシフトチェンジしているので、仕方がないところはあるけど。問題は東京ディズニーシーだ。東京ディズニーシーの5周年を境に、タワー・オブ・テラーのオープンはもちろん、レギュラーライブショーがリニューアルされるらしい。私は、現在の東京ディズニーシーのライブショーが非常に好きなので、リニューアル後のショーの出来いかんによっては、本当にディズニーリゾートと縁を切ることになるかもしれない。今のパークに、私はドリームもマジックも感じられないからだ。リズム・オブ・ワールドも、クリスマスホリデー・イン・ニューヨークも、ブレイジングリズムも無くなって、私を惹きつけてくれるものが存在しない。

 蛇足だが、先日「東京ディズニーシーに遊びに行きたいんですけど、アドバイスを」と職場の人に聞かれて、何気なく答えていると「凄いんですね!プロみたい!(?)」と言われた。これほどパークから離れ、新しいショーのことなど何も知らない私が(今やってるショーなんか、王様のブランチで流れたの見たくらい)、一般人から見れば未だに、偉大なるTDRマニアのままだ。だから、しょせん私の意見もマニア寄りの見方でしか無いのかもしれない。どちらにしても、もう年間パスポートを買うことはないだろうねぇ…。TDRの項目、今後更新されるのだろうか…(苦笑)。

 私の期待を裏切って「5800円払ってでも行きたい!」と言わせて欲しいよね〜、5周年の東京ディズニーシーには。まだ微かに希望を捨てずに中間点の5点をつけておこうかな。   


gamou [ [ T D R ] 総合情報 ] comments(4)
【3点】 さよならポルトパラディーゾウォーターカーニバル
東京ディズニーシー さよならポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル東京ディズニーシー さよならポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバルディズニー Amazonで詳しく見る by G-Tools

 東京ディズニーシーのグランドオープン以来、TDSの顔として多くの人に親しまれてきたポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル(以下ポルト)が、その幕を下ろそうとしている。TDSの5周年を前にして、その大役を終えた形だ。本格的な水上エンターテイメント、海をテーマにした日本オリジナルパークの初めてのショーと、大きな期待をかけられて登場したポルトは、我々ディズニーマニアの期待を裏切らないものだったと思う。

 …と、同じ書き出しをしたところで、ポルトのDVDを買って見た話を。

 4年半の間に少しずつ変化してきたショーなので、どのバージョンのものなのかが気になるところ。答えから言うと、歌が日本語バージョンになった後のもので、かろうじて揺れるストーリーテラーが残っているもの…だ。ショーを見たことが無い人は何を書いているのか分からないとは思うけど、見れば分かる…としか言いようが無い(^_^;)。正直、揺れるストーリーテラーが残されていたのは、非常に嬉しいところ。好きなんだよねぇ…これ。最初に、ポルトのイメージ画がグランドオープンの前に出た時、「まぁ、イメージだから…」と思っていたものが、そのまま現れた時の驚きが忘れられなかったので…。

 …だけどね。まぁ、点数を見ての通りですよ。完全に音声が後入れなんだよね。確かにポルトは、5カ所でそれぞれのストーリーテラーが話をしているので、山彦のように音声が混ざって飛び合っていたり、離れたスピーカーからの音楽が混ざって、変な反響を起こしていたり、水上スキーの騒音だったり…と揚げればきりがないくらい音声的に難しいショーではあったんだけど、こうして後入れの音声で映像を見てみると、プロモーションビデオのようだ。そう、オフィシャルホテルとかで、ループして放映してるやつ。

 とは言え、今までのショーやパレードのパッケージ映像も、全て音声は後入れだった…と思う。だから、ポルトのDVDが悪い…と言うよりも、ポルトというショーが、アフレコ音声に合わないショーだったんだなぁ…と今更ながらに気が付かされた。それこそ、スタジアムでの宣誓のように響くミッキーの「こんにちわー、みなさーん!」から始まり、水上バイクが疾走する音、波のざわめき、連凧がなびく風の音、そういう雑音を含めた全ての音こそ「ポルトの音」だったんだ…と思ったね〜。

 映像は綺麗で、いつもは自分がほとんど見ることの無い場所の映像も豊富にあり、それはそれでいいんだけど、やっぱり「ショーを見ている」と言う感じがない。音だけ自分が撮ったビデオのものに入れ替えようか…と思うほど…だ(^_^;)。アフレコという手法自体は仕方がないと思うんだけど、ただサントラをのせたようなアフレコはやめて欲しい。それなりにショーの雰囲気を再現するように努力はして欲しいところだよね。多分、このDVDは友人とかの訪問時にリクエストが無い限り、今後、私は見ないと思う。どんなに下手くそでも、自分で昔撮ったビデオを見るなぁ…。

 それにしても、最近はこの金額を出せば大作映画のDVDを購入できる時代だと言うのに、この類のディズニーDVDにはサービス精神のかけらも見られない(^_^;)。特典映像も無いに等しい。まさに殿様商売である。んなことだから、ヤフオクで映像の売買が無くならないんだ…ということを、強く認識してもらいたい。たまにショーのDVDを出せば、こんなレベル…なんつーなら、そりゃ、あんたさ…。

gamou [ [ T D R ] 総合情報 ] comments(0)
【7点】 地震と我々の行動
 そんな訳で、まずは一個前の話を読んでくれ。

 地震の後も、普通に東京ディズニーランドを楽しみ、ブレイジングリズム終了後、外に出た。夜のパレードや、花火を見なかったのは、今日は、近所の居酒屋で飲もうと思っていたからで(^-^;)、とっとと帰りたかったのだ。ところが、舞浜駅の惨状は、前述のとおりで、電車難民の様子をみて「これはダメだ…」と思い、とりあえずはイクスピアリに行くことにした。…なんか、どこも混雑してるんですが。当たり前か。

 その次に向かったのが「ディズニー・アンバサダーホテル」。…なんかここも庭園にまで、人があふれ出ているんだが…。

 そして、決断。「歩いて、新浦安駅まで向かう」

 ちなみに新浦安駅とは、東京ディズニーリゾートのある舞浜駅から一つ千葉よりにある京葉線の駅で、この辺のニュータウン構想の中心地…というかんじ。東京ディズニーリゾートパートナーホテルの「浦安ブライトンホテル」や「新浦安オリエンタルホテル」がある。ダイエーの入ったショッピングセンターも有名。

 なぜ、新浦安に歩いて行くことにしたかと言うと、この後も夜のパレードや花火、ディズニーシーのナイトエンターテイメントを見終えた客がゾロゾロと集結してくることは目に見えており地獄絵図が容易に想像できる上に、運行再開時に、そんな客とともに舞浜から乗るということそのものが、さらに地獄絵図と考えられる。一つ千葉よりの新浦安なら空いているだろうし、ホテルやショッピングセンターなどもあって食事などにも困らない。

 以前、1度だけ新浦安まで歩いたことがあるので、30分で新浦安に着くことは知っている。ダラダラ決断を遅らせるくらいなら、行った方がいい…と8時30分頃、花火を横目に見ながら出発。見事30分ちょいで、新浦安に到着。その間も、上にある京葉線の高架からは、京葉線が走っている感じは伝わってこなかった。

 とりあえず駅に行ってみると電車はやはり止まったままで「11時までは、現在の状況のままです!」などと恐ろしい断言を駅員が繰り返していた。しかし、我々は余裕である。9時半から、オリエンタルホテルで「お夜食ブッフェ」をやっているのを知っていたし、とりあえず11時過ぎに動けば、横浜までは戻れる。横浜からなら、タクシーでも、親を呼びつけるのでも、なんとでもして家に帰りつくことは出来ようというもの。

 結局、1時間半ほどオリエンタルホテルで、飯を食いつつ、本を読んでたり…と比較的優雅な時間を過ごす。まぁ、最悪、ホテルに泊まってもいい…と考えたりもしたんだけど、相方が駅に偵察にいき「11時半〜12時までには復旧する予定ですが…」という、弱気な話を聞いてきた。遅い。それでは、さすがに遅い。一瞬、本当に泊まるか…という考えもよぎったが、JRから振り替え券をもらってバスに乗り、浦安から東西線で東京に向かうことにした。

 バスに乗ったのは11時半過ぎ。…それから程なく京葉線は動き始めたことを携帯の情報で知る。…失敗した。12時過ぎに浦安についた我々を待っていたのは、東西線の駅員の「東京方面の最終が発車します!」という恐ろしい響き。新浦安なら結婚式もやったし、比較的詳しいんだけど、浦安は完全にアウェー(^-^;)。本当に右も左も分からない。こんなところで朝を待つのは辛い。半泣きしながら(笑)、猛ダッシュで、東西線に乗り込む。ギリギリセーフ。それにしても、その後も、こっちに向かっていた人も居たし、我々よりノロノロと来ていた人たちも居たはずなので、その人たちは完全にアウトだ。不憫な…。

 その後、東西線の駅に「東京」が無いことを知り、軽いパニックになる(^-^;)。そう、大手町から歩いて行ける距離だと知らなかったのだ。日本橋で駅員に、そのことを聞き、軽く安堵。その後、なんとか小田原行きの東海道線最終列車に乗り、親を横浜まで呼びつけ、2時前に帰宅したのだった…。

 ん〜、あのまま京葉線を待っていた方が良かったかもしれん…というのが、今回の唯一の失敗。それ以外は、比較的喧噪から離れて良い選択をした…と思ったんだがな。最期に来て焦ったのが良くなかったよなー。まだ人間的に甘いね。とは言え、東西線も、東海道線も、運良く座れたので、楽は楽だったんだけどね。なんとなくパニックしたなりに、その状況を楽しんだし、結局、かなり楽をした…ということで、こんな点数で。

gamou [ [ T D R ] 総合情報 ] comments(0)
【5点】 地震と東京ディズニーリゾートの対応
 7月23日の午後4時35分頃、私は東京ディズニーランドにいた。ちょうど、ワンマンズドリーム2というショーを見ている最中だった。最初、クンックンッと揺れを感じて「誰かが興奮して一緒に踊ってるのか?こんなに揺らしやがって…」と思い、「ん?そう言えば、この席はコンクリートの壁と一体となっているコンクリートの座席じゃないか…」と左右を見回した瞬間、グワンッと大きな揺れが来た。

 「地震!」と思って、まず上を見上げる。そう、ここは照明装置の真下なのだ。落ちる気配どころか、揺れてもいない。回りからは悲鳴などが聞こえているが、正面を向くと、そこでは何も無かったかのようにミッキーたちが踊っていた。コーラスのキリのいいところで、幕が降り「ただいまの地震でシステム調整をするため…」ということで、中止。ま、当たり前だろう。

 ショーが行われていた「ショーベース」から出ると、全てのアトラクションが休止。ま、それも仕方あるまい。そして場内アナウンスで「JR全線、東京メトロ全線が運休」。「全線が運休!?」という驚きよりも、東京ディズニーリゾートで場内アナウンスを聞いたことが驚き。東京ディズニーリゾートでは、基本的にはよほどのことが無い限りは場内アナウンスの類はしない。ショーの予告アナウンスなんかは、もちろんするけど。これはディズニーリゾートで現実感を客に持たせないようにする処置で、私が場内アナウンスを聞いたのは、これで2度目。確か一度目は、身内に不幸があったと思われる人の呼び出し。なんか深刻なのかな…と思わされた。

 でも、その後はショーなども行われ、「ミニー・オー・ミニー」→「ブレイジング・リズム」とショーを鑑賞。外に出てみると、駅付近に人がたむろっている。まだ動いてねぇ…。出口付近のキャストも何も言ってなかったし、いくらなんでも、それは違うんじゃないかね…。電車が動いてねーなら、まだ中で遊ぼうか…という人も居るだろうに。結局、12時近くまでJR京葉線は動かず、帰れなくなった客に場所を提供…しているらしい。

 そう、私は帰ってきた。だから、こーしてブログを書いてる訳だけど。

 マスコミの中では、場内アナウンスもっとするべき…とかって意見もあったみたいだけど、それは思わない。だって、そこまでする必用ないでしょ。何度やっても聞き逃す人は、聞き逃すし。そもそも、京葉線が止まっていようと、自分が帰る時間までに復旧してればいい…と思う訳で。東京ディズニーリゾート側だって、他の電車が次々と復旧していく中、京葉線だけが、これだけ復旧に手間取るとは思ってなかっただろうし。自分の施設の点検とか方が最優先だっただろうしね。

 でもさ、7時、8時を過ぎてきたら、少なくともエントランス付近では、情報を提供するのが筋ってもんじゃないのかね。少なくとも、イーストゲートの方から出る限りは、電車に乗るのが8割〜9割なんだからさ。「ありがとうございました〜」とかって言うよりも、「現在、京葉線が運休しているようですが…」と切り出すべきじゃないのかね?出たところで帰れないんだからさ(苦笑)。この辺は、ちょっと怠慢を感じたね。

 本当なら、もっと点数を低くつけてもいいところなんだけど、ミッキーたちのプロフェッショナルぶりに対して敬意を表して、この点数にしておこうかね。

gamou [ [ T D R ] 総合情報 ] comments(2)
【?点】 [読んでね]TDRカテゴリについて
 私の過去の栄光(笑)を御存知の方には説明するまでも無いけど、その昔、東京ディズニーリゾート(TDR)の攻略サイトを開いておりまして、そんな流れで今も、たまに東京ディズニーリゾートには行ってるんだよね。そこで、これからもポチポチとTDRのことについて、独断と偏見で評価していきたいと思いまふ。

 TDRにあんまり興味の無い人も、ブログの1つの記事として読むことが多くなると思われ…。TDRは、省略標記も含めて、専門用語(マニア用語ともいう)が飛び交うため、出来るだけ括弧書きなどで注釈を入れていくつもりだけど、忘れてたらゴメン(^_^;)。

 一回一回、基本的な情報を入れていくと、それだけで膨大な文章量になっちゃうので、基本的なことについては[基礎知識]とタイトルにヘッダを入れて、説明していくようにします。その基礎知識ついても、採点はしていきながらの記事にする予定。とりあえずTDRカテゴリの記事を理解していきたい…という人は、見るようにしてくださいまし。ま、昔のサイトならデートとかに役立ったのかもしれないけど、今回のブログは単なる個人的な評価以上ではないので、何の役に立つかは知らないけど…(苦笑)

 そんな訳で、記事に困ったら、TDRネタで埋めていこうなどと考えているので、どぞよろしく(^_^;)。

gamou [ [ T D R ] 総合情報 ] comments(0)
 1/1PAGES 

↑PAGE TOP