がもがもミシュガット

この世の全ての物を独断と偏見で適当に採点する!


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク [ - ] -
座椅子用マッサージシート


 ついに、私、コタツを買いまして。それを機に、テレビとビデオを新調…というか、買い足した訳なんだけど、さらに座椅子なんかも当然、購入した訳で。で、テレビでもビデオでも座椅子でも、もちろんコタツなく、今回、お話しするのが、座椅子取り付け型のマッサージシートというやつなのだ。

 御存知かもしれないが、うちにはマッサージチェアがある。これには、基本的に不満はない。…んだけど、寒いんだよね。貧乏だから暖房費を節約するために、コタツを買った訳で。で、私は非常に腰が悪い。床(畳など含む)に長い時間にわたって直接座っていると、腰が痛くなってくる。そこで、座椅子は低反発マットが入ったものにしているんだけど、いっそ、座椅子のままマッサージが出来れば…と考えた結果がコレである。

 座椅子型のマッサージチェアも販売されているんだけど、ちと、うちのコタツにはゴツいのだ。そこで座椅子に直接、取り付けられるなら…と購入した訳なんだけど。座椅子への装着は、マジックテープで背もたれに巻き付ける方式。やや格好悪い感じは否めないが、その上から大きめのカバーをかけると、見た目は、あまり気にならないかもしれない。もちろん、座椅子だけではなく、普通の椅子、車のシートなどにも、設置は可能だ。

 さて、最初に気になったのが、お尻の部分。座面の端(背もたれから離れた方)に、駆動関係のモーターが入っているらしく、座椅子を動かさずに、自分だけコタツに近づこうとすると、この駆動関係の出っ張りが、尻にゴリゴリ当たって少々気になる。基本的に座った時の姿勢を変えない、通常の椅子や車のシートなら、ここまで感じないとは思うけど、座椅子で使用するには、問題かもしれない。

 肝心のマッサージ能力についてだけど、形状的に肩までは届かない。そのため、コントローラーは、「背中」「腰」「お尻」に、それぞれON/OFFスイッチがついていて、マッサージ強度が強と弱から選べる形。だから「背中」は「強」で、お尻は「弱」とかは出来ない。で、基本的にはバイブレーターと考えてもらっていい。若干、波のようにリズムがあるけど、揉んだり、叩いたりは出来ない。いわゆるブーンと音の鳴る細かい振動のみである。

 気持ちがいいのか…と言われると、そこそこ…としかいいようがない。もちろん、マッサージチェアと比べるべきものではないのは言うまでもないけどね。値段も10分の1以下な訳だから。マッサージ感を高めるためには、基本的には身体を預ける必要がある。要は、きちんと背もたれにもたれかかる…ということだ。いっそ、座椅子とかっていうよりも、完全にフラットな状態で、ベッドや布団で使うのはいいかもしれない。それこそ、背中、腰、お尻に囚われず、マッサージカ所をずらすことも可能だしね。そんな訳で、評価の方は…

 ★・☆・☆(一つ星)

 …ということで。私が使っている座椅子には、サイズ的にも今ひとつ合わなかったし、そもそも低反発クッションだから、マッサージシート自体が埋もれちゃって、通常の座椅子より、マッサージ感も弱くなってるかもしれない(苦笑)。やはり通常の椅子とか、車のシート、それから前述したように、フラットな床面での使用なら、また違うんだろうけどね。押入行きになりそうです(^_^;)。ま、それは私が、よく調べないで買ったからいけないのだ。でも、ネットにもあんまり情報がなくてねぇ。ま、これでなんとなく、どーゆー商品か分かってもらえれば、人柱として本望です。

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(0)
ビリーズブートキャンプエリート (まとめ)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 ちと、何も書きたくない症候群に囚われてしまい、しばらく時間が空いてしまいましたが、とりあえず、ビリーズブートキャンプエリートのまとめを書いておきたいと思います。

 おおよそのことは、それぞれの項目で書いてきたことではあるんだけど、私が一番に感じることは「エリートバンドがイヤ」ということ。重たいから…とか、キツいから…とか、そーゆーことではなく、器具として、あまり好きになれないのだ。「いくらもビリーバンドと変わらねーじゃねーか」と思われる方もいるかもしれないのだが、身体に馴染まないんだよねー。キツい、キツくない以前の問題として。ほんのちょっとしたことなんだけど、数百gの重りを入れることで、以前言ったグリップが太くなる点だけでなく、留め具の位置とか、微妙に身体に刺さるような感じがして痛いとか、あるんだよなー。

 2点目としては、やはり、それほど新鮮味は無いということ(^_^;)。新鮮味を感じるエクササイズは、エクササイズとしては微妙だったり、動きに無理があるんじゃないか…と思ったり。ある意味、最も、新鮮味を感じなくては行けないのがエリートバンドなのかもしれないけど、まぁ、前述のとおりなので。そう言う意味では、棒状のエクササイズ器具を使用する「taebo」の方が新鮮味を感じるのかもしれないなぁ。日本版出てないけど。

 日本版と言えば、エリートの一つのウリである小杉氏による吹き替えだけど、さんざん前作をやった人にとっては、今さら…って感じはあると思うな。TVショッピングのCMとしては、あの声はインパクトがあるんだろうけど、端的に言ってしまうとインチキ臭い感じだよね(笑)。やっぱり、ビリー先生の肉声の方が、親身になってもらってる感じがあるというか、温かみがあるというか。そーゆー感じ。

 私のようにライブの様子がどうしても知りたい…ということでないのであれば、エクササイズとしては前作で十分…というか、個人的には前作の方が優れていると思う。初めて購入するのも、前作の方が良い気がするんだけどね。エリートバンドを使わず、ウェイト部分だけをバーベル的に使うのであれば、有酸素運動よりのエリートを選んでも良いかもしれないけど。個人的には、前作の基本プログラム冒頭にあるストレッチ全般が気に入っているので、どうしてもこんな感想になってしまうのかもしれないけどね。

 そんな訳で評価の方は…

 ★・★・☆(二つ星)

 …ということで。DVDの作りは、ようやくDVDソフトらしくなったけど(^_^;)、何度も言うようで申し訳ないが、私は前作派かな。 

ビリーズ・ブートキャンプエリート(Live in Japan)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション4)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション3)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション2)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション1)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめますよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(2)
ビリーズブートキャンプエリート (Live in Japan)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 いよいよ、最終日5枚目のディスクは、これのために商品を購入したと言っても過言ではない「Live in Japan〜脂肪燃焼ライブ〜」である。あくまでも特典ディスク扱いなので「ミッション5」ではない。「8分間プログラム」は「ミッション4」なのに…ね(^-^;)。

 このライブは御存知のとおり、ブートキャンプブーム吹き荒れる中、ビリー先生とシェリーが来日した際に、ショップジャパン主導で開催されたイベントで、非常に高い倍率であったであろう中、幸運にも当選された方々が参加されているもの。本当にビリーブームという感じで、日本のマスメディアに連日出まくっていたこともあり、当日もテンションが高かったであろうことが容易に想像できる。

 まずは、ビリー先生の登場のシーンから。やはり参加者のテンションは異常に高い。…が、それ以上にビリー先生が盛り上がっていたのか「ステップ、キック、バック、ダウン」の際に、言ってることとやってる動作が違う(笑)。舞台上のシェリーなどに軽い困惑の表情が浮かぶ(^-^;)。ノッケからゴキゲンですな、ビリー先生。

 最初に音楽無しでウォーミングアップ程度に基本動作の確認をした後、いよいよ音楽スタート。基本的な動作から始まり、基本的な動作を組み合わせた複雑な動きへ。例えば、膝あげ2回から、キック、パンチ。膝あげの2回目で、ピシッとバランスを保っていないと、次のキックに移行できない。いかに基本動作を正しくやっているかを試される動き。

 ビリー先生は、いたってゴキゲンらしく、前作以来の鼻歌も飛び出し(笑)、挙げ句の果てには「少し踊ろう!」と、音楽に合わせて身体を揺らし始める。参加者、完全に困惑(笑)。20分を過ぎた辺りで、かなり呼吸がきつくなってくる。どのライブプログラムもそうだけど、基本的に「やり込んでる人」が対象なだけあって、どんどんエクササイズが続いていくため、結果的に循環器系プログラム…つまりは有酸素運動よりになるんだな。

 それにしても、本当にブートキャンプって、ビリー先生の行き当たりばったりでやっていくようで(^-^;)、舞台上のシェリーを始めとする皆さんも、ビリー先生の動きを目で追いながらやっている。舞台さんとも、どこで終了にするかを決めてないみたいで、ある時に一度音楽がフェイドアウトしようとすると、「まだ、音楽止めるなぁ〜っ!」とビリー先生。一番災難なのは当日の通訳の人で、ビリーが間に通訳を入れることを考慮せずに喋りまくっているので、口が挟めない(笑)。もう、中途半端な通訳だから、DVDでは字幕をつけられてしまう始末(^-^;)。

 それは、さておき30分を過ぎた辺りで、いよいよビリーバンド投入。そう、エリートバンドではない。まだ、あのライブの時はエリートバンドなかったし。久しぶりのビリーバンドの感覚。やっぱり、こっちの方が手に馴染むなぁ…。

 みんな!大丈夫かーっ!!

 …とビリー先生が叫ぶも、参加者もスタート時の元気はどこへやら、息も絶え絶えの御様子(^-^;)。すかさず「アイ・キャント・ヒアー・ユゥ〜っ!」とビリー先生。もうノリノリである。よく見てみると、ビリー先生は、軽く腹が出ているような気がしないでもないが、きっと気のせいだろう(笑)。

 ビリーバンドを使いはじめてから、5分ほどで、音楽がスローダウン、ストレッチからネガティブエクササイズに移行する。かなり腰を落とした状態で静止するというもの。もちろんビリー先生は、舞台を降りて、一人一人を見て回っている。…が、ビリー先生が通り過ぎると、エクササイズを中断する人が結構いる(笑)。まー、そーゆーもんだよね。

 そして、最後はヴィクトリー!で締めだ。

 いやー、キツい。このプログラム、非常にキツい。有酸素運動系でも、かなり上位のキツさである。バンドの出番や、筋トレ的要素が少ないので、息切れを乗り切れば、かなり爽快感は高い感じ。最初の基礎的な動きのところを飛ばして、いきなり音楽がかかるところから始めれば、きれいにまとまったプログラムかもしれない。

 本日のビリーのお言葉

 次の運動に行くぞ!
 
 (しかしながら、音楽はスローテンポに…)
 (仕方なく、ストレッチに入るビリー先生)


 えーと、やっぱり終わりの打ち合わせしてませんよね?(^-^;)
 主催者側が、参加者のバテ具合を見て、これ以上は
 続行不可能と判断したんだろうか…(笑)。
 
 …そんな訳でございまして、これをもちまして、ビリーズブートキャンプエリートの詳細レポート…らしきものを終了させていただきます。一応、次は、全体的なまとめということで。早いうちに。

 ヴィクトリー!

ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション4)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション3)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション2)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション1)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめますよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(2)
ビリーズブートキャンプエリート (ミッション4)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 さてさて、今日は日米共通の製品としては最後となるミッション4「エリートボディを維持せよ!」だ。昨日もお話したところであるが、8分間の超短縮プログラムである。ちなみに原題は「8Minutes Supercharge Cardio」で、8分間の有酸素運動スペシャルプログラムって感じ。確か、前作の4枚目のライブプログラムも日本版では「最終プログラム」だったけど、原題は「Super Cardio Live」みたいな感じだったような気がする。

 そんな訳で、ミッション4である。前作のdisc4と同様に、今作も4枚目はライブ映像となっており、どこぞの建物の屋上のような場所でエクササイズが展開されている。ただし、今回は一般参加者のような人々が、ビリー先生と向き合う形でエクササイズをしており、どーやら日本で行われたライブに近い形で行われた物の収録映像なのかもしれない。数十人レベルしかいなかったようだけど。

 さて、なにぶん8分間プログラムなので、思っていたより、あっと言う間(^_^;)。あれ?もう終わり?って感じ。ほとんど2セットくらいで、次の動きへと移っていくので、忙しない感じと、ノンストップゆえの多少の負荷はあるけど、汗をかき始めるかなぁ…くらいのところで終了。忙しなさ過ぎて、またビリー先生もBGMを無視しちゃって、リズムとズレちゃってるし。8分間で有酸素運動なんだから、きちんとリズムには乗せていただきたいところだ。

 そして、今回は舞台上の参加者(まぁ、いつものメンバーってヤツだ)が、床にエリートバンドを置いているんだけど、えーと、最後まで使いません(笑)。まぎらわしい…(^_^;)。そーゆー、フェイントとかいらないんだよなー。その分、8分間の爽快感はあるんだけど。面倒が無いし。

 まぁ、そんな訳で、8分間プログラムなので、そんなに内容について書くことがないんだけど(^_^;)。アメリカ版の製品だと、ミッション3までの3枚組か、シリーズ全部が入っている8枚組らしいのだ。そこで、なにゆえ4枚目にこのプログラムを入れてきたのか…というところに意味があると思うんだよね。題名にもあるとおり「エリートボディを維持せよ」ということで、長く続けてもらう、脱落者を減らす…という意味が、このプログラムには含まれているのかな…と。

 実際、このプログラムで「ボディを維持」できるのかは、さておき、毎度言ってることだけど、この類の運動を行う際に一番の障害となるのが「始める」という行為なんだよね。始めてしまえば、わりとスンナリ行けるんだけど、「じゃあ、やるか」と腰を上げるのが、一番の難関な訳だ。この8分間プログラムで「8分なら…」と始めれば、そこがクリアできる。場合によっては「もうちょっと出来るな…」と他のDVDのさわりだけでもやってみようとする…という行為に繋がる可能性は高い。そういう意味では「エリートボディであろうとする意志の維持」なのかもしれない。

 本日のビリーのお言葉

 キミの意志を決めるのはキミ自身だ。
 自分を信じて頑張れ
 一歩踏み出せば、その先は成功だ
 なぜならば…シェリー?


 ええぇっ!そこで突然人に振るって何!?(笑)
 しかし、シェリーは、何事も無かったかのように…

 私に続いて!「今日のこの場所へ心が導いてくれた… 

 …っつう例のフレーズ。
 それで正解かどうかも知らないけど、すげー親子だなぁ(^-^;)

 そんな訳で、いよいよ、明日は最後のディスクとなる日本でのライブDVDでお会いしましょう。

 ヴィクトリー!


ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション3)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション2)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション1)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめますよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(2)
ビリーズブートキャンプエリート (ミッション3)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 いよいよ3日目…というか、中二日で3枚目のDVDに突入。早くも実質的な最終日と言ってもいい(4枚目は8分間プログラムだし、最後はライブ映像だからね)。今回はミッション3「腹筋を割れ!」である。急に随分と直接的なタイトルになった訳だけど、原題は「Rock Solid Abs」。岩のように堅く引き締まった腹筋…って感じ?。ま、そう遠くないね。語感的には、ほぼ同じなんじゃないかね、珍しく(笑)。

 さて、前作の腹筋プログラムは、御存知のとおりビリーバンドを使用しないプログラムだった。私はビリーバンドが嫌いな訳じゃないんだけど、無理して変な使い方をするくらないなら、使わない方が運動としても良いと思っていたんだよね。ところが…である。

 ついにエリートでは、腹筋運動にもエリートバンドを使うのだ。腹筋系のエクササイズそのものについては、従来のものと大きく変わる訳ではないんだけど、とにかくエリートバンドを使用するのだ。しかも、前日に引き続き、エクササイズ開始とともに、すでに参加者の皆様はバンド装着済み。だから、やめてって(^-^;)。

 身体の周囲にグルリとエリートバンドを廻して、思い切りバンドのゴム部分を引っ張る形で使用することが多い。運動としては、悪くないんだけど、いかんせん、引っ張りすぎてしまっていて、身体にゴムが食い込むんだよねー(^_^;)。太っているいないも影響するだろうけど、身体そのものがデカけりゃ、その分引っ張る長さも長くなる訳で、170センチ台後半の私ですら、そこそこ痛いんだけど…。ビリー先生たちは痛くないのかねぇ…。特別仕様?それとも、このエリートバンドが日本人用?(^_^;)

 …と言いながらも、運動としての強い負荷の他にも、利点が無い訳ではない。身体の回りをゴムで囲むような形で腹筋運動を行うことで、ゴムの反動が動きを補助してくれている感じがある。「それじゃ、運動にならないじゃん」と思われるかもしれないが、腹筋には効いているのだ。むしろ、それ以外の場所への変な負荷が軽減されている感じ。例えば、腰とか首とか。その点は確かにいいんだけど…でも、ゴムの食い込みが…。なんか、一人SMみたいな感じですよ、あんた。残念ながら、Mではないらしく、ゴムの食い込みは、本当に苦痛なだけだ(^_^;)。

 まぁ、だから「ビリーバンドをつけてのエクササイズの方が、いいな…」と思ったりするのもあるんだけど、無理矢理全部をビリーバンドつきでやるのは、どうかなぁ…と。構成上とか、つけたりハズしたりをする訳にもいかないんだろうけどさ。その辺、うまく構成を考えてくれないもんでしょうか。単純にビリー先生が「バンドつきの方がいいっ!」って思ってるなら、仕方ないけど(^-^;)。

 腹筋への負荷は…というと、前作と比べてどうかなぁ…。初心者でも、バンドの補助がある分、適正な動きになり易いような気もするけど、まず初心者はバンドをグウィーンと伸ばすのに一苦労しそうだな(^-^;)。

  ビリー先生の今日のひとこと。

 目標をもって長く続ければ
 必ず成果はあらわれる。


 言っては何ですが、ビリー先生。
 アタリ前です…(^-^;)。そんなこたぁ、分かってます。
 成果を信じてない訳ではなく、ただ続けられないんです、皆さん(笑)。

 そんな訳で、英語版、日本版、共通のディスクは明日で最後。
 8分間プログラムなので、何があってもお伝えできるかと(^-^;)。

 そんな訳でヴィクトリー!

ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション2)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション1)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめますよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(0)
ビリーズブートキャンプエリート (ミッション2)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 さて、今日は2枚目となるミッション2「余分な贅肉を撃破せよ!」である。例によって、例のごとく、英語版の原題は「Maximum Power」なので、「最強の力を手に入れよう」くらいのもんなのだろうが、「贅肉」を「撃破」ということで、軍隊感とともに、ダイエット感を増幅させている…という装飾だろうか。ま、どうでもいいけどさ(^_^;)。

 今回のミッション2だが、いきなりエリートバンドである。最初からエクササイズ参加者の皆さんは、エリートバンド装着済みで、サイドステップをしながらバタフライである。さすがマキシマムパワー(苦笑)。っつうか、いきなり装着されてても、間に合わないんですけど!…などと思っていると、まぁ、どうやら、とりあえず、バンドは床に置くらしい(^_^;)。でも、脚からは外さない。い、今のうちに装着しなくては。

 …と最初から意表を突かれる作り。いや、もちろん、こんなところで、意表を突かないで欲しいんだけど。そんな訳で、エリートバンドを脚に装着したまま、ウォーミングアップを行う。…邪魔だ。脚を動かさないならいいんだけど、動かす時とかにゴムを踏んだりして、イヤなんですけど…。もちろん、画面のビリー先生は、そんなことはお構いなしに、ガシガシとエクササイズを続けていく。

 さて、数分のウォーミングアップが終わると、即座にエリートバンドを手にすることになる。そりゃ、そーだ。脚に装着済みなんだから。とくに動きがキツい特別なプログラムというのは、ミッション1同様にないのだけれど、何分、このエリートバンドがビリビリと効いてくる。しかも、次々とエクササイズが押し寄せてくるので、休みがない。さすが、恐怖のdisc2…というのは、前作と変わらない(^_^;)。

 しかも…である。なんと前作のマーチやウォーキングに相応するところが、早いツイストや、ツイストからのジャブ、アッパー、そしてなんとスピードバッグ。そう恐怖の「サァーコォ」なのだ(^-^;)。インターバル…って感じじゃない。筋トレ→有酸素運動でしかないのだ。「さぁ、バンドをおいて!パンチ!パンチ!パンチ!…(中略)…さぁ、サァーコォ、サァーコォ…(中略)…次のエクササイズだ。バンドを持って!」こんな調子である(苦笑)。うう、息苦しい。心肺機能が持たない…。時計を見ると開始15分…。まだ、15分ですか…。腕が痺れてきておりますよ、ビリー先生…。そんな訳で、その5分後には、ついに中断せざるを得ない事態に(^_^;)。ふ、不覚…。

 さて、復活して、エクササイズは続く。全般的に上半身に負荷をかけるエクササイズが多いんだけど、ついにキックにはゴムの二本がけ(片足に2本のゴムをかけて、負荷を強くする)が登場。今まで、なんということもないキック(前作でも、わりとキックには強かった。自転車が好きで良く乗り回してるので)が、多少なりともグッという力を感じるように。ただ、2本とも、ゴムをかけるのは、わりと面倒だけどね…。そして、2本がけなので、2本とも片腕で持つことになるんだけど、これが地味に辛い…。この重さがジワジワ効いてくる…。

 その後は、なんとか中断せずに終了。とは言え、さすがに、このミッションはキツかったなぁ…。オープニングのバンドをつけたままのウォーミングアップは気に入らないけど、エクササイズ自体は「うぉー、運動したぜー!」感に溢れるつくり(^_^;)。通常のビリーバンドくらいでやれば、わりと心地よいプログラムになるんじゃないか…な。これも40分ちょいのプログラムだし。

 もちろん、このDVDにも特典映像がついているんだけど、内容はミッション1のものと同様に動きの確認用である。ここではビリー親子オンリーの登場なので、ビリー親子の間で交わされる、言葉と筋肉の会話(笑)は、微笑ましい。それにしても、ビリーって、バランス系苦手だよね(^_^;)。前作も脚を上げてのホールドとかは、ふらついてたし(笑)。今回は、そのバランスの悪さが極まれりな映像が特典映像に入ってるので、購入された方は御確認を。私、申し訳ないんだけど、笑ってしまったよ…。

 ビリー先生の今日のひとこと。

 服を着るように力を身につけろ
 服を着なければ、外に出られないだろう?
 服と同じようにパワーを身につけるんだ。
 マキシマムパワーを。


 服を着るように、パワーを身につける。
  ※英語だとどちらもプットオンみたい。
 これ、今回のテーマなんでしょうか、ビリー先生。

 服を着なければ、外には出られないけど
 今までパワーを身につけずに外に出てました(^-^;)。
 フル○ン同様に恥ずかしい行為なんでしょうか…。
 ちとショック(笑)。

 そんな訳で、ビクトリー!
 ちゃんと出来てないけど、明日はディスク3に移ります(苦笑)
 …の、予定でしたが、ちと用事が出来たので、次は日曜日に。

ビリーズ・ブートキャンプエリート(ミッション1)
ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめますよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(2)
ビリーズブートキャンプエリート (ミッション1)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 さて、いよいよミッション1「エリート部隊入隊試験を突破せよ!」である。英語版の題名は「Get Started」(さぁ、始めよう!…くらいなもん?)なので、完全な日本版の装飾だよね(苦笑)。まぁ、面白いんだけど、この題名だけ見てやめちゃう人とかいるんじゃないのだろうか…。あおり効果と、こけおどしと、微妙なとこだなぁ…。

 今回の日本版DVDは、前作とは違いメニュー画面が存在する(当たり前と言えば、当たり前なんだけどさ)。さらになんと、ブートキャンプ特設サイト「ビリープランクスネット」のCMを必ず見なくてはならない…という嬉しくないオマケつき。CMの内容うんぬんではなく、ハッキリ言って、毎日繰り返し見ることになるDVDに回避できないCMを差し挟むっつうのは、どーゆー了見なのかね。軽くイラッとするよなー、些細なことだけど。アホだな、ショップジャパン。

 それはともかく、メニューがあるのは、特典映像の存在と、日本語字幕か日本語吹き替えかが選べるからである。特典映像の話は、後ほどするとして、とにかく一番の目玉であるはずの日本語吹き替えを選択。本編の再生ボタンを押す。スタートは、前作と同様にオープニング映像(もちろん音楽、映像は違う)からだ。かなり奇妙な動きもあるけど、これヤルのかね…(^_^;)。

 そんな不安を持ちつつ始まったミッション1だけど、邦題とは裏腹に、そんなにキツくない。やはり、どちらかというと「さぁ、始めよう!」って感じ。腰を床に下ろして行う運動が、ほとんど無くなり、基本的には立って行う運動になっている。そのため、前作の基本編にあったような入念なストレッチとかは無い。その分、全体の時間が短くなっている感じだろうか(前作の基本プログラム50分ちょっと、ミッション1は40分ちょっと)。

 しかし、プログラムを始めてから5分ほどで、私は一回映像をストップさせてしまった。

 「日本語吹き替え笑っちゃう…(^_^;)」

 もう、ビリー先生の本物の声に慣れてしまったため、今さらショップジャパンの吹き替え声を聞かせられると、どーしてもTVショッピングの方を思い出しちゃって、集中できなくなってしまうんだよね〜。確かに複雑な動きをするところなんか、英語だと聞き取れなかったりするけど、まぁ、そこはそれ。何度かやってるうちに出来るようになるだろう。前作もそうだった訳だから。笑って力抜けると、バンド使ってる時は危険だしな…。

 気を取り直して字幕版に切り替え再開(^_^;)。どんどんプログラムにノッていくビリー先生。…すると、あろうことか、もうバックの音楽を無視したリズムでエクササイズをするようになっているではないか(苦笑)。これって、音楽のリズムに乗りながらやるから、多少なりとも楽しく感じるものなのに。ある意味、このエクササイズの根幹とも言えるのにぃ〜(^_^;)。ビリー先生、先走り過ぎっすよ。

 そして、いよいよ「エリートバンド」こと「ニュービリーバンド」が登場である。およそ24分ぐらいのところか。グリップのところに重りが入っている(250g)のだが、わりとズシッと感じる。それだけなら良いのだが、重りをグリップに入れているせいで、握るところが太くなっている、握力を使うんだよなー。それが思っていた以上にキツい。とは言え、エリートバンドが無ければ、わりとどーということもないエクササイズになってしまう。

 初心者向けのバンドを使わないバージョンは、従来通り何も使わずに同じ動きを行うのもあるけど、今回は、その中間として、グリップ部分から重りを外してダンベルとして使いながら行う…というのもある。…んだけど、わざわざ、外したりハメたりするのも面倒なので、渋々エリートバンドを使用して最後まで通してみた。ん〜、エリートバンドがキツいことを加味しても、前作の基本プログラムよりは楽かもしれない。まぁ、前作よりもキツいんじゃ、著しくマニアックなものに成っちゃうだろうけど。

 そんな訳で、前作よりキツい…訳ではなく、前作より続けやすくするための工夫はしてあると思う。前作のように作品中に説明するシーンは、あまり長くなく、エクササイズが切れ目なく続いていく感じだ。そのため、筋力トレーニングから、だいぶ有酸素運動トレーニングにシフトしていて「このトレーニングできません!」みたいなものは少ない。

 そうすると、とーぜん初心者(前作もやってない人)には、とっつきにくくなる訳なんだけど、そこで出てくるのが特典映像なのだ。ここでは、ブートキャンプの基礎となる動きを、ビリー親子が二人で丁寧に説明してくれている。初心者は、とりあえず、ここから始めるのが良いかもしれない。これで、基本的な動きを覚えた上で本編のプログラムに入れば、そこそこは出来るはずかと。

 正直、前作の基本プログラムの方が好きだ。…が、エクササイズ時間が10分ほど短縮されたのは、良いと思うね。前作のプログラムでは、この40分ちょいくらいの時間のエクササイズが無かったから、そういう意味では重宝するかもしれない。負荷も強くないので、長期離脱組が復帰するのにも使えるだろう。まぁ、今回は序の口ってことで。もちろん、全くの初心者なら、それなりにキツいんだろうけど、今となってはもう良く分からないや(苦笑)。

 本日のビリー先生のお言葉。

 毎朝、服を着るくらい当たり前に
 毎日、子供に愛を注ぐくらい当たり前に
 毎日、シャワーを浴びるくらい当たり前に
 パワーを身につけよう


 そんなにパワーを身につけるって当たり前ですか?
 ビリー先生…(^-^;)。

 それでは、また明日。ヴィクトリー!

ビリーズ・ブートキャンプエリート(はじめるよー)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(0)
ビリーズブートキャンプエリート (始めますよー)
ビリーズブートキャンプエリート日本版
 全国のビリーズブートキャンプファンの皆さん、こんにちわ。またしても、性懲りもなく、ビリーズブートキャンプエリートの実体験レポートを書いていきたいと思いますよー。わりとズッシリ感がある(重さとしては大したこと無いはずなんだけど)エリートバンドにビビリ気味ではありますが、頑張っていきたいところですね。

 そんな訳で、ついにエリート部隊に入隊。明日から5日間連続レポートを行いたいと思いますよ。さすがに完全にブームも過ぎ去り、発売されたエリート日本版も特に話題にならないところではありますが(正直、タイミングを逸したよね。戦略的な失敗だな、ショップジャパン)、そんなことを気にせずにやっていきたいところです。気になると言えば、奥さんに離婚をつきつけられたビリーが、奥さんの連れ子であるシェリーとどうなっちゃうのか…といういたってワイドショー的な興味くらいでしょうか(笑)。

 まま、そんな前置きはともかく、サラリと5日間と言ったわけだけど「今回は5日間集中プログラム?」と思われた方も多いかもしれない。実際にはそうではなく、特に「○日プログラム」…ってのが無いのだ。前のプログラムが、こなせるようになったら次のプログラムへ…くらいなことしか書いてない。まぁ、実際5枚組と言っても4枚目は8分間の超短縮プログラム(現状維持用の軽いプログラム)で、5枚目は日本で行われたライブの模様を収めたオマケである。実質は1枚目〜3枚目を使う形になるのだろう。前作っぽく言えば「基礎編」「応用編」「腹筋編」という内容になっているみたいだし。

 ちなみに、アメリカ版の直輸入のものだと最大8枚組セットなどというものもあるみたいだけど、当然5枚目の日本ライブのDVDはなく、英語タイトルから脂肪燃焼用有酸素運動プログラム、上半身用プログラム、下半身用プログラム、それから内容については良く分からないんだけど「ビリーのお気に入りの運動」ってDVDがあるようだ(^_^;)。前作と同様、追加発売をしていくつもりなのかもしれないけど、今の盛り上がり具合では、やや厳しいかもしれないねぇ。

 それから、前作の話題の際も何回か話したけど、前作の「7日間集中プログラム」ってのは、そもそも日本での宣伝戦略でしかなく(日本人は飽きやすく、気が短いからね)、本家のページを見てみると、1日やって1日休む。みたいな1ヶ月にわたる中期的なプログラムが組まれてる訳で。そもそも前作の「最終プログラム」なんて、組み込まれてないからね(^_^;)。今回は、ブートキャンプ自体の知名度を広げるための戦略は必要ないので、敢えて強引なプログラム編成を避けたんじゃないのだろうか。

 自分で考えてプログラム編成してね…くらいの意味だと思われる。そもそも前作の日本でのプログラム編成(基礎、基礎、応用、応用、腹筋、腹筋、最終)自体が、特に意味のあるものでもなかった訳で(1週間で大きな達成感を得る…ということ以外はね(苦笑))。…が、やっぱり「エリートの方がよさそう。なんと言ってもエリートだし」というような上位互換的なものに弱くて、エリートを最初に買っちゃう人も居るかもしれない(笑)ので、その辺も考えつつのレポートにしていきたいと思う。

 今作の「ビリーズブートキャンプエリート」は、ディスクごとに「基礎プログラム」「応用プログラム」という名称ではなく「ミッション1〜 エリート部隊入隊試験を突破せよ!〜」みたいな明らかに前作のビリーファン向けに気分を高揚させるタイトルとなっております(苦笑)。とりあえず、明日から1枚ずつやっていきながら、その感想などを述べていければ良いかと思っているところだね。今回は体重とか、食べた物とか書きません。効果実況レポートではないので。そんなに大きく落ちないと思うんで(まぁ、ずっとサボっていたので、71キロまでリバウンドしてるんで、多少、効果出るかもしれないですが(^_^;))。では、明日からお楽しみに〜。

 ヴィクトリー!

ビリーズ・ブートキャンプエリート(日本版)
ビリーズ・ブートキャンプ(追加プログラム)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(2)
ビリーズブートキャンプ エリート (日本限定版)
ビリーズブートキャンプエリート 日本限定版
 私とビリー先生との出逢いは、以前お話しした通り、とある温泉施設(ま、スパリブールなんだけど)を訪れた時にリラクゼーションルームでボケーッとテレビを見ていて、例のキャッチーなショップジャパンの番組に引っかかった訳で。およそ1年くらい前の話である。

 そんな私が、先日、みなとみらいにある「万葉倶楽部」という温泉施設で、これまた偶然ボケーッとテレビを見ていた際に、ビリー先生が映っているのを見つけた訳だ。「おーっ、まだCMやってるんだねぇ、ロングランだな」と思っていたところ、どーやら見たことの無いCMのようで。「ロングランだから変えてきたのか」と思っていたら、別商品ではないですか。一部で噂されていた「ブートキャンプエリート」の日本語版だったという。なんと運命的な再会!!(^_^;)。

ビリーズブートキャンプ下半身プログラム
 …とは言え、買わないつもりだったんだよね。そーゆーのが出ても。別に飽きるとか、そーゆー類のもんではなかったし、4枚あるうちでも7割方「基本プログラム」を使ってるし。だから、追加プログラムとかが出た時は買ってないんだよね、結局のところ。

ビリーズブートキャンプ脂肪燃焼プログラム
 ところが…である。なんと日本版だけの特典として、日本でやったライブ映像のDVDをつける…というではないか。「くそー!やるな、ショップジャパン!」(^_^;)。5分ほど悩む…。…欲しい(笑)。

 んな訳で、購入することにしましたよ!年末年始とサボりにサボり、月2回ペースぐらいまで落ちて、3月に入り「始めてから1年経つなー」ここらで気を引き締めるか…と思ったところで、風邪を引き、またヤル気を失いつつあったところに(^_^;)、良い刺激になるのではないかと。商品が届き次第、例の実践レポートを始めたいと思います。まぁ、言うても、チョコチョコとブートキャンプ続けてたので、前回のような面白レポートには成らないと思うんだけど(^_^;)。…多分。えーと、ただし、現在、腰を痛めて振り返ることもままならない状態なので、それが治っていたら…の条件つきなんですが(苦笑)。

 さて、それはともかく「エリート」にはいくつか改善されたポイントがある訳で。エクササイズ自体は、筋トレから、やや有酸素運動寄りになっている…らしい。CMを見ていた感じでも、そーゆー印象は受けたけどね。それから、ビリーバンドの改良。ビリーバンドのグリップの部分に重りを入れられるようになっていて、より強い負荷を希望する場合は、そこに1キロの重りを入れる…というもの。逆にバンドを使わず、重りだけを利用して、ダンベル替わりにすることも出来るそうで。バンドもエリート仕様という訳だ(笑)。

 さらに、今回、一番の驚きでもあり、一番の納得でもあるのが「日本語吹き替えの導入」である(^_^;)。ついに、あのCMの小杉氏による吹き替えでのエクササイズが可能となってしまいましたよ!もちろん、今まで通り、ビリー先生の声による字幕版にも成る(当たり前)ので、あの声だと笑っちゃってダメという人もご心配なく(笑)。そんな訳で評価の方は…

 …って、とりあえず、やってからにしましょうか。心情的には断然三つ星なとこですが(笑) 

ビリーズ・ブートキャンプ(来日記念)
ビリーズ・ブートキャンプ(92日目)
ビリーズ・ブートキャンプ(7日間終えて)

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(3)
スーパーマックスターボ
スーパーマックスターボ
 一時期、電気的な刺激による筋力増強を図るマシン、通称EMSと言われるグッズが、通販で大人気となった。まぁ、名前は色々あるけど、ベルト状になっていて、腹に巻き付け、スイッチを押すとビクッビクッと筋肉が動かされる…という仕組みである。いたって受動的で、科学的な根拠もあるっぽく、実際筋肉が動いていることも自覚し易い…ということがあって、大人気となった訳だが、その後の報道で電気による火傷や、内蔵への電磁波の影響などが取りざたされると、あっと言う間に人気はしぼんでいってしまった。

スレンダートーンフィギュラ(EMS)
 現在も新しくEMSのマシンは出ているし、「前のとは違う」的なフレコミで頑張ってはいるけど、商品としてのピークは過ぎているのと、前の商品群での記憶が薄れきっていない…というところで、苦しいのは間違いないだろう。そんな中、新しいマシンとして台頭してきたのが、電気的に…ではなく、物理的に腹筋を動かすものだ。各TVショッピングで似たような機械は出ているが、私が一番、TVで目にしたのは「テンテンベルト」という商品。でも「テンテンベルトて…」と思い購入に至らなかった。でもある意味、すでにその時点で欲しかったのだ(笑)。

 で、その後に目にしたのが、この「マックスターボ」というシリーズである。等身大の荻原流行のポップに「俺の暴れ馬」という衝撃的なキャッチフレーズ(笑)。もうひと目惚れですよ(^_^;)。とは言え、やはり実際に触ってみなくては…と、デパートの健康器具売り場でおそるおそるスイッチをオンにしてみると…。ガタガタガタッッ!!!と急にベルトが暴れ始めて、周りの人の注目を集める私(苦笑)。そして、その時、思ったね。「ああっ、暴れ馬…」と(笑)。

 そんな訳で「これはもう買うしか」とネットで情報を集めてみると、現在では元K−1ファイターの角田さんが新しく広告塔になっている「スーパーマックスターボ」という商品が出ているではないか。価格にしておよそ、数千円ほど高い。何が違うのかと見てみると、サウナ効果が付加された商品らしい。要は身体を揺らすだけではなく、温めてくれるというもの。温まっている方が脂肪が燃焼し易いとか、筋肉も軽快に動きやすい…ということなんだそうで。悩んだ末、サウナ機能つきのものを購入。

テンテンベルト
 さて、届いたスーパーマックスターボ(以下SMTと略します(^_^;))は、思っていたより重い感じ。デパートでは恥ずかしくて、あまり持ったりしなかったんで(笑)。ベルトの形状が割と特殊で、腕や太ももなどに巻くことも想定されているからか、短いベルトと、長めのベルトがついていて、腹に巻くのなら、その2つをつなげて使う感じ。いや、すげー細い人なら分からんけど、そんな人は使わないだろうし。

 そして、一つ、完全に頭から抜け落ちていたのは「電源コードがある」ということ。EMSではボタン電池式だったので、頭に無かったんだよねー。使う電気量が違うか…さすがに。この時点で「いつでも、どこでも感」はダウン。もちろん、移動しようと思えば、簡単に出来るけど「何かしながら」というのには、著しい制限を受けることは間違いない。こーゆーのが、わりと継続的に使う際にポイントになったりするのだ。

 それはともかく、とにかくセットして、実際に巻き付けてみる。思っていたよりクッションが効いたベルトで、悪くない。重いけど。EMSでは地肌に密着させないと意味がなかった訳だけど、SMTは地肌に直接巻くと、ベルト自体が物理的に動くので摩擦で肌を傷めてしまう可能性がある。もちろん服の上からやる場合でも、肌触りの粗い布地のものだと、やはり肌を傷めてしまう可能性が高くなる。…とは言え、キツく巻かないと、逆にベルトの振動が身体に伝わらず、それこそ暴れ馬になってしまってキケンなため、綿のシャツの上から背筋を伸ばして、ビタッと巻くのがいいだろう。

 まずはヒーターのスイッチを押す。ジンワリと温かくなってきて心地よい。そしていよいよ、本体のスイッチを入れてみる。織田裕二ばりに「キターッ」感がある(笑)。座ったり、立ったり、姿勢を変えたりとやってみたけど、やはり背筋は伸ばして胸を張るようにしてやるのが、一番効果が高そう。デパートでボタンを押してしまった時は、叩かれている感じが強いのかな…とも思ったが、きちんと左右にも振られている感覚はある。

 タイマーは基本的に10分で、説明書にも1日10分以上同一カ所での仕様はやめてください…と書いてある。…が、10分もやれるのか…というくらい強烈…に感じる。強弱(…というか早い遅いかな)を変えられるが、それでどーという感じでもない。5分を過ぎた頃から、強烈に腹囲全体にかゆみが出始める(^_^;)。血行良くなってきましたよ…って感じ。そして、さらに便意までも併発(笑)。確かに下腹をこづかれ続けているのに近い訳だから、それも仕方がないか。10分終わった時には、フーッと一息。

 さて、ここまで書いておいてなんなのだが、実は、私、このマシンを買ったのはダイエットのため…ではない(^_^;)。ダイエットには「ビリー」でいいと思っているのは、今も変わらず。では何故買ったのか。腰痛対策なんだよねー、ほんとは。私、20代半ばで腰を痛めてしまってから、長時間の椅子での作業が続くと腰痛が出る…という状態だ。誠に残念なことに、私の仕事はデスクワーク主体なので、かなり避けがたい腰痛との闘いなのである。

 本当に酷くなっってしまえば、整形外科などに行く訳だけど、この時にしてもらうのが温めることと、腰を左右に揺らすこと。我が家にはマッサージチェアがあるんだけど、腰痛が出てしまった後に使うと、どうも逆効果になることが多いようで、痛みが増してしまうことも多い。そこでTVショッピングで見た時に、「おっ、これなら…」と思ったと言うわけで。しかも「スーパー」の方はサウナ機能もついていて、言うことなしである。そういう経過があっての購入なのだ。

 で、腰に巻いてみる。ベッドでうつ伏せになってスイッチオン。そもそもマッサージチェアではうつ伏せにはなれないんだよねー。それだけでも楽。…気持ちいい。これは気持ちいいよ。実際に腰痛の時にも使ってみたけど、少なくとも痛みが増すことはなかったと思う。肩などにもやってみたけど、一度に両方の肩をやれないこともあるけど、今ひとつ。

 そんな訳で、本来の趣旨とは違う使い方をしている(^_^;)。ただ、腹囲ダイエットとしては、どうだろう。当たり前だけど、毎日きちんと続ければ、終了後の腹筋の疲れや軽い痛みを考えると、効果はあると思う。だけど、前述している通り、毎日続けるためのネックとなっているのは「コードレスではない」ということ。ベッド周りに置いておくと、その強力なマジックテープでパイル地のカバーとかが痛んだりするので、コンセント抜いて、別の場所においておかないといけないのが、わりと面倒<無精すぎ?(^-^;)。電源周りに放置しておくと、グシャッとした感じで部屋の一部として美しくないし。そんな訳で評価の方は…

 ★・★・☆(二つ星)

 …ということで。充電式でコードレスとかにはならんのかなぁ…。せめて、使う時だけでもコードからセパレート出来るとありがたいんだけど。これは腰痛対策としても、ダイエット器具としても。コードがついてるくらい…と思うかもしれないけど、使い始めてみると、毎日…の障害になることは間違いないと思う。でもね、自分の腰痛対策としては力量を発揮してくれているので、それで良しか…と思っているところだけど。

gamou [ [ 生 活 ] 健康・ダイエット ] comments(0)
 1/4PAGES >>

↑PAGE TOP