がもがもミシュガット

この世の全ての物を独断と偏見で適当に採点する!


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク [ - ] -
【1点】 レイジング・スピリッツ (TDS)
所要時間:約2分 <ファストパスあり>
 
 東京ディズニーシーの開園4年目にして初めて追加されたアトラクションが、この「レイジング・スピリッツ」である。このアトラクションは、東京ディズニーリゾートのオリジナルアトラクションで、他の国のディズニーリゾートには今のところ(2006年1月現在)存在しない。TDSの最奥エリアである「ロストリバーデルタ」に存在しており、探検家が遺跡の発掘の際に神々の怒りに触れてしまった…というものだ。

 このアトラクションは、簡単に言えばコースタータイプのスリルライドで、途中でループが1回ある。しかしながら、規模としては大きいものではなく、高低差やスピード感も「絶叫」というレベルではない。その分、狭い場所に立体的に密集させてレールを作っているため、左右へのカーブは繰り返されている。そのため、左右へはかなり強くふられる感覚だ。ただし、カーブ自体は急で短いため、コースターの左右にゴツゴツと身体をぶつけてしまい、少々痛い(^_^;)。自慢のループも、やはり短いため、恐怖を感じるというよりも身体を押さえつけられて終わる…という感じである。

 そんな感じで、中途半端なコースタータイプのライドではあるのだが、このアトラクション最大の欠点はそこではない。このコースターの最高到達点は、かなり高い場所にあるのだが、ここからの眺めが最悪なのである。構造的には、比較的単純なものであるため、ビッグサンダーマウンテンのように周囲の景色を上手く遮断している訳ではない。だからさー、周囲の景色が丸見えなのよ(^_^;)。「それの何がいけないのか?」と思う方もおられるかもしれないが、ここから見える周囲の景色とは、東京ディズニーリゾートのホテルだけではなく、ランドとの共用駐車スペースや、アトラクションの裏側…などなど、ディズニーの夢をぶちこわすものが満載でなのである。高揚していた気分も、一瞬にして現実に引き戻されるという訳だ。

 東京ディズニーランドでは、御存知のとおり周囲の景色をシャットアウトするために、敷地の周囲を木々で埋めている。全く見えないという訳ではなく、どうしても高層のオフィシャルホテルなどは見えてしまう場所もあるが、ここまで酷いものは見たことが無い。以前は全く見えなかったパークの運営に関する裏側も、現在ではリゾートラインの開通で見えるようになってしまってはいるが、それはあくまでパークに入る前のことであり、パーク内でこんなにも惨い景色を見せられることには、私は耐えられない。

 そんなことでは気分を害しない…というのであれば、それはそれで何も言わないが、スリルライドとしては2流以下であり、スリルライドとしての楽しみ以外の部分の演出も、デコレーションの域を出ず、ストーリー性などで楽しませてもらえるようなものでもない。現在は新アトラクションと言うことで、混雑してはいるものの、本命のタワー・オブ・テラーが今年の9月にオープンした後は、徐々に人気も落ち着くだろうと思われる。ちなみに、私は2度と乗りたいとは思わない。

 故ウォルト・ディズニー氏が、このアトラクションを見たら嘆き悲しむのは間違いあるまい。点数は言うまでもなく最低点で。いや、0点でもいいくらいなんだけど。炎と水が組み合わさった入口周辺は、良いフォトスポットになっているのと、地上から見た景観はロストリバーデルタの盛り上げに一役買っていて(特に夜)悪くないので、点数だけはつけておこう。このアトラクションは、通路から見てるのが一番いいんじゃないのかね。乗るもんじゃないよ。 

gamou [ [ T D R ] アトラクション ] comments(2)
スポンサーサイト

スポンサードリンク [ - ] -
初めまして。おれんぢです。
いつも拝見させてもらってますが、コメント初でちょっと緊張。
でも。乗るたびに感じてた「・・・?」はコレだったんだー!と
がもさん、そうよ、そうなのよーと興奮気味に書いてます。
数回乗ってますが、相手が違うんです。
共通して「次はいいかな。」と言うので、
「そうでしょ、だから乗る前に言ったじゃん」とつい。。(笑)
がもさんの記事を見て、モヤモヤが取れました!
ありがとうございますっ。
| おれんぢ | 2006/01/20 9:56 AM |
コメントありがとうございます。

そうですね〜、私もこのアトラクションに
もう一度乗ることがあるとすれば、
きっと、接待インパークだと思います(^-^;)。

本当に昨年のクリスマスシーズンに乗って
あまりの衝撃に降りた後、苦笑してしまいました。
ポート・ディスカバリーの水門と東京湾の
借景の組み合わせとか、凄く関心していたので
本当にガッカリされられました。
神々の怒りに触れたので、夢の世界から
放り出される…というのがコンセプトだったりして…。
| がも | 2006/01/21 9:26 PM |









↑PAGE TOP