がもがもミシュガット

この世の全ての物を独断と偏見で適当に採点する!


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク [ - ] -
カリブの海賊(TDL)
 定番の人気アトラクションの一つです。初めてインパークするゲストが、まず入り口近くのカリブの海賊で、「ディズニーオーディオアニマトロニクスの凄さにビビる」のが王道です(笑)。…とは言うものの、最近はリピーターが多 いのもあり、開園当初からあるこのアトラクションは比較的空いています…なんてことを、書いていた訳ですな、昔は(苦笑)。

 さて、そんな開園当初からの長い歴史を持つアトラクションな訳だけど、パイレーツナイトの項目で書かせていただいた通り、ジャック船長人気にあやかって、アトラクション自体がリニューアルされるということになったんだよね。2007年7月20日のイベント開催と同時に公開となったばかりで、私が行った8月初旬でも、朝一番から大行列だった。開園と同時に並んだんだけど、およそ開園10分後くらいの入場で35分待ち。最大で60分くらいの待ち時間だったと思う。いやはや、ジャック船長人気は素晴らしいね。

 もともと回転の良いアトラクションであり、パーク側は、それほど長い間この状態が続くとは考えていないようで、ファストパスの設置はされていなかった。まぁ、ファストパスが入ったら入ったで、スタンバイの待ち時間が異常に長くなるので、これはこれで正解かもしれない。スタンバイラインには、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」にゆかりのある展示に切り替わっていて、予備知識をほとんど持たずに来た私は、大幅にリニューアルされているのではないか…という期待を持ってしまった。 

 まぁ、御存知の方も、そうでない方も、文脈で判断がついてしまったと思うのだけど、それほど大きなリニューアルではなかった(^_^;)。オーディオアニマトロニクスのジャック船長が数体追加され、デイヴィ・ジョーンズと、バルボッサも登場。もちろん、小物類でニヤリとさせられる演出はあるけど(実は、行った時には、まだ「デッドマンチェスト」すら見て無くて、デッドマンズチェストそのものがあったそうなんだけど、見逃してたりしたみたい)、大筋そのものは以前のもののままに近いね。

 もっと呪われた海賊たちを随所に出してくるかな…と思ったんだけど、本当に必要最小限のリニューアルのようで。まぁ、映画制作と上映、アトラクションのリニューアルのタイミングからして、そんなに大規模ではないだろうとは思っていたけど。そんなに簡単なもんじゃないしね、アトラクション作るって。ただ、今後、映画は3部作として後世に残っていく中で、当初のアトラクションからのインスパイア…という部分の記憶が薄れてくると、単純に「映画と全然違う」なんて話になるんだろうね(^_^;)。その時こそ、本格的にリニューアルせざるを得なくなったりするのだろうか。

 そうそう、それから1カ所だけ、新しい技術を取り入れた仕掛けがあるんだけど、かなり効果的だと思う。実際にその技術自体を見たのは愛・地球博だったと思うけど、こーゆーものは使い方次第だよね、本当に。先頭に乗ってる人たちが「えっ?なにっ?なにっ、これ?」と言ってるのが面白かった。仰け反ったりして。仰け反ったところで、ライドは進んでるんだから意味ないのに(笑)。

 そんな訳で評価ですが、

 ★・★・☆ (二つ星)

 …と、いうところで。カリブの海賊というアトラクション自体は、小さい頃から思い入れもあるし、好きなアトラクションだから、変化が少ないからと言ったって、その価値自体は三つ星だけどね。リニューアルに関して、少々、肩すかしを食らった感じがしたので、ちょっと星を下げておいた(^_^;)。冷静に考えれば、分かりそうなもんだったんだけど、何分ブランクが長いので、妙に期待しちゃってた自分が居てねぇ…。<自分自身の責任ともいう。

 でも、やっぱりジャック船長は、一見の価値あり…でございます。ヨーホーッ!


gamou [ [ T D R ] アトラクション ] comments(0)
スポンサーサイト

スポンサードリンク [ - ] -









↑PAGE TOP